© 2017 by noritaka emoto / 江本典隆

Long long Sleeps

 

“平和公園”と名付けられた、小さく深い森を歩く。

 

戦災で焼け野原になった街を蘇らせるため、

人々は街じゅうの墓地をひとつの丘にあつめて公園を作った。

ふたたび蘇った街は墓地を包み、街の中に森が残った。

 

穏やかに眠る無数の死たちを肌に感じながら、ぼくは森を歩く。

太陽を浴びた森じゅうがおびただしい数の命で満たされ、ぼくもその一つになる。

 

森で、老いた夜鷹の最期に出会った。

大きく深呼吸を繰り返し、静かに終えた命に、

生は、いつも大きな死に包まれているのだと強く思う。

 

太陽が、穏やかな死を照らす。

死はいつか眠りから覚め、森を彩り、やがて長い長い眠りに戻っていく。